レーシック 保険

レーシック手術に対する保険の適用

レーシック手術の料金はは決して安いものではありません。だからと言ってただ安いクリニックで手術するのもちょっとコワイですよね。

生命保険や医療保険では保険会社や加入プランによってはレーシック手術に対して保険金(手術給付金)が降りる場合があります。もしあなたが生命保険や医療保険に加入しているのであればぜひ問い合わせをしてみましょう。問い合わせではレーシックの正式名称である「レーザー角膜屈折矯正手術」の名前で問い合わせを行います。

保険金が降りる場合、保険金を受け取る際にはレーシック手術を受けたクリニックの医師から診断書を受領し保険会社に提出する必要があります。診断書の作成には、別途料金(クリニックよって異なる。だいたい数千円)が必要になります。

レーシックで保険適用の注意点

レーシック手術を検討しているとき、保険を適用させることを目的に保険に加入する場合は注意が必要です。

近年ではレーシックが一般的に知られるようになってきており、新規で保険に加入される場合はレーシックが保険金給付の対象外となる場合が多くなっています。

また、生命保険や医療保険はあなたのライフプランに合わせて加入を検討すべきでレーシックのためだけに生命保険に加入することはおすすめできません。

現在生命保険や医療保険に加入されている場合は保険を有効に利用すべきなので保険が適用されるかの確認をぜひ行ってください。

錦糸眼科

錦糸眼科

錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。屈折異常の専門眼科として平成5年に設立され、多くの屈折治療を行ってきました。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。

症例数: 30,000件以上(2006年時点)

手術代:
 レーシック: 両眼 12万円〜
 イントラレーシック: 両眼 18万円〜

資料請求によって事前に情報収集を行ったり、Web相談によって事前に気になることを直接クリニックへ問い合わせ解決することができます。

錦糸眼科の詳細情報

神奈川クリニック眼科

神奈川クリニック眼科

神奈川クリニック眼科は眼科専門医による最先端の設備を使用したレーシックなどの視力回復手術を専門に行っている眼科施設です。
症例数も11万件を越え、日本でもトップクラスの症例数です。
レーシックをはじめとする屈折矯正手術は、眼科専門医が行うことが必須である旨が日本眼科学会のガイドラインで定められています。神奈川クリニック眼科で手術を行う医師は、全て眼科専門医です。

症例数: 110,000件

手術代:(割引適用時)
 CRレーシック: 両眼 12万5千円
 CRスーパーイントラレーシック: 両眼 14万8千円
 コンチェルトスーパーイントラレーシック: 両眼 22万円

神奈川クリニック眼科の詳細情報

品川近視クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニックは各院とも利便性の優れた駅のすぐそばでアクセスが良く、内装も非常に清潔感あふれる環境です。
設備に関してはフラップ作成に INTRALASE社(INTRALASE社:アメリカ)の最新型「イントラレースFS60レーザー」や「品川専用エキシマレーザー」を使用しています。
また、高次元での矯正を可能とする「ウェーブフロントアナライザー」等も取り揃えています。
症例数は2008年3月末時点で25万件と非常に多く、症例数も月間で積極的に公開しています。

症例数: 250,130件(2008年3月31日時点)

手術代:
 スーパーイントラレーシック: 17万8千円〜(クーポン適用時)

品川近視クリニックの詳細情報